Monthly Archive: 1月 2015

キャッシングがこんなに手軽だとは驚きました

先日、友人の結婚式・家賃の支払い・クレジットカードで買った電子レンジの支払い・5人へのお年玉など、どうやっても私の貯金ではまかなえない急な支払いラッシュに困ってしまい、どうしたらよいか分からず、これまで一度もしたことのない、生まれて初めてのキャッシングを利用してみることにしました。

私が想像していた思っていた以上に、難しさや面倒なところなどなく、あっけないほど即日で借りることができました。もっとわずらわしい手続きがあると思っていただけに、身近に感じ簡単に素早くお金を工面できたことにとても驚きました。

私の場合、キャッシングサービスはカードローンでの利用を希望していました。カードローンの手続きをする方法として、店頭の窓口に行きお願いするのではなく、自宅で誰にも知られずできる、スマホでカードローンの会社のサイトから申し込みをしようと決めました。

サイトからの申し込みは以外と簡単で、審査から実際の借り入れまでスピーディーに対応してもらい、気軽に安心してサービスを利用することができました。しかし何せ初めての経験なので、「本当に私が審査に通るのだろうか」と心配な面もあったので、事前借り入れ診断というものがあるアコムを利用しました。

無事にその事前診断で「借り入れOK」との事だったので、申込を決めました。今はこういうサービスもあるんだなあと感心しちゃいました(笑)

実際にお金を借りられたキャッシングの手軽さは、これまでの想像を超えていました。申し込みをしてからすべての手続きが完了するまで、時間も手間もほとんどかかりませんでした。

もしどうしてもお金が必要だったり、急な出費で手持ちがない場合など、気軽に安心して素早く受けることができるこのキャッシングは、みなさんにおすすめの乗りきり方です。あ、でもよく言われていることですけど「ご利用は計画的に」ですよ!

あまりに手軽に借りられるので自分のお金と勘違いして、カードローン地獄に陥る人がいるって話も聞いたことがありますので・・・

かさ増しができる食材の上手な使い方

お金のない時私はとにかくかさ増しして乗り切ります。光熱費っていくら気をつけていてもなかなか目に見えるだけの節約額にはならないので、なるべく食費分を削って一気にお金を浮かせます。

私がかさ増しによく使うのが「豆腐とお麩と野菜の皮」です。

豆腐は凍らしてお肉のような食感で鶏ひき肉に混ぜてつくねにしたり、卵焼きを作るときも水気をよく切った豆腐をフォークで綺麗に潰し卵と混ぜるとかなり大きな卵焼きができます。大きめで食べ応えもある上に豆腐のフワフワ感もプラスされとてもおすすめです。

お弁当など冷めても美味しく食べられますし、豆腐くささもありません。これで卵自体もSサイズのパックでも問題なく大きな卵焼きが出来ます。

お麩は戻さず豚コマを巻きつけて焼くと不思議とお肉の食感に変わります。お肉を巻いたお麩ではなく、ただの豚のかたまり肉という感じです。これを酢豚にします。酢豚の素も我が家では買いません。材料にポン酢とケチャップを投入し炒めると十分本格的な酢豚の出来上がりです。

野菜の皮は細かく切ってご飯に混ぜ込み炊き込みご飯にしたりコンソメと一緒に炊飯器に入れてピラフにしたりします。
あとはかさ増しではありませんが、綺麗に洗ってジップ付きのビニールに保管しておきます。色んな野菜の皮がある程度たまったら水とお酒と一緒に煮込んでそのままスープにします。味付けはコンソメと塩コショウでシンプルにすると野菜の旨みがよく分かり絶品です。

どれも安価なものやいつもなら捨ててしまうものをうまく活用します。お金がない時こそ貧相なメニューにはしたくないので盛り付け方やお皿の使い方も工夫し豪華に見えるよう気をつけています。

スーパーでの試食販売員は割がいいかも

私はお金の管理が下手なのでお金が無くなって困ることが頻繁にあります(笑)そういった場合には、節約よりも短期のアルバイトをすることで手っ取り早くお金を稼ぎます。何せ節約するのも下手なので・・・。

以前、1人暮らしの時にアルバイトだけで家賃や光熱費を支払いながら生活費をやりくりしなければならない状況になりました。

給料日前になると、たいがいお金が底を尽きかけるのですが、そんなときは単発のアルバイトをしていました。その当時は、試食販売の仕事をすることが多かったです。

メールでお仕事の案内が来るシステムで、それを見て自分の入りたい仕事内容であればエントリーするという形です。

お仕事の契約が成立したあとは、当日に指定された準備をして直で現場へいきます。スーパーやデパートの食料品コーナーがほとんどです。

試食販売のお仕事は意外と給料が良いもので、日給10000円になることもよくありました。かなり割の良い仕事ですね。

しかもお給料がすぐに口座に振り込まれるので、お金がピンチのときにはかなりありがたい仕事でした。

一度でもこうしたお仕事をきちんとこなせるようになると、会社との信頼関係もできるので以前よりも自分が希望する日に働けるチャンスが増えてきます。

この単発のアルバイトの収入で総額80000円ほど稼いで、その時のお金のピンチをのりきりましたが、どうにもならない時も正直ありました・・・。

そういう時には仕方が無いのでカードローンでお金を借りるしか生き残る方法がありませんでした。とは言っても、両親が近くにいる訳ではないのでよくCMでやっているカードローンを利用していました。

銀行なんかでは生活費を借りることはできないので、すぐに必要になった時に借りられるカードローンは便利でした。ただ利息を支払う必要がありますが、数万円だけを借りて給料がでたらすぐに全額返済。という返し方であれば、利息が掛からないところだったので、そのシステムは非常にありがたかったです。

あまり胸を張って「お金を借りたよ!」とは言えませんけど、どうしても困ったときにはそうした方法もあると覚えておいて下さい。

バイト代しか収入が無い人でもカードローンを使うことはできますので。ただし、その人の返済できる金額に見合ったお金しか借りられませんが、それでも助かりますよね。

知り合いに「お願い!5万円貸して!」とは頼みにくいですけど、カードローンだったら簡単ですよ。