Monthly Archive: 10月 2016

無駄なものを買わない工夫

スーパーマーケットのカゴ私が節約している事で、特に力を入れている事は食費の節約です。具体的に説明していきます。

まず、余計な食材を買わないと言う事です。
どうすれば無駄な食材を買わないで済むかと言いますと、家で行う事が2つあります。

1つ目は、事前に1週間の献立を考えメモする事です。
2つ目は、冷蔵庫を確認し献立をもとにどの食材が必要かをメモする事です。

そして、そのメモを持ってスーパーに買い物に行く訳ですが、実はスーパーに入る前から、無駄な買い物をしない為の工夫があります。

それは買い物カートを絶対使わず、1つだけカゴを持って店に入る事です。
なぜなら、カートを使うと買い物カゴを2つ置けるので、余計な物まで買ってしまうからです。
カゴを1つにする事によって、買う量も制限出来ます。

買い物中でも、気をつける事があります、
それは、試食品には手を出さない、お得品にも手を出さない、メモした物だけ買うと言う事です。

試食品に手を出すと、食べたくなってしまい大幅なメニュー変更につながります。
それだけでなく余計なものを買う事に繋がり、メニューを考えた時間も、無駄になります。
もしメインディシュの物だったら、付属のおかずもその場で考え、余計な物まで買ってしまう事になり損をする事が多くなります。

お得品も買う予定だったものが安くなっていたならよいですが、予定外のものが例え安くなっていたとしても、買うという行為には変わらす、予定外のお金を支払うことになります。
なので買い物は他の商品には一切目をやらないで、メモに書いた物だけをカゴに入れ、入れ終わったらすぐにレジ清算を済ませ、店から出る事です。

でも、どうしても試食品を買いたい、お得品を買いたいとなった場合は、試食品に関しては来週のメニューに取り入れるという方法がありますし、お得品をどうしても買いたいと言う時は、本当に必要なのか、来週のメニューまで、日持ちするかなどなどを考えれば良いです。

カゴを1つしか持ってないので、試食品からみの物やお得品がなどの予定外のものが増えると、重くて持って移動するのが苦痛になると思います。

作業系の日雇いバイトをやります

ベルトコンベアで流れる段ボールどうしても彼氏と旅行に行きたいとか、ちょっと高価な洋服が欲しいなど、特別にお金が必要になった時、もしくは今月はやりくりがキツイ!なんていう時は、普段やっているメインの仕事以外に単発の日雇いバイトをしています。
コンビニや飲食店などで無料で配られている求人雑誌などでもたまに募集していますが、工場作業系のアルバイトです。
内容は工場のラインに入って簡単な梱包とか、箱を折るとか、誰でもできるようなものがほとんどです。

数日前までに働きたい日を会社に連絡して簡単に勤務日を決められるので、急な入り用の時に便利です。
当日現金支給のところもあるのでそういう会社を選ぶとよいです。

どこの会社も似たような勤務体系だと思いますが、朝指定された駅に集合して点呼を取って、勤務先はその時に決められます。
勤務場所へは送迎バスがその駅まで迎えに来て連れていってもらえるので、作業する工場が郊外でも大丈夫ですよ。

1日働けば、平均6000円ぐらいになるので、月3回だけやっても臨時収入にはなります。
勤務してる人は学生からフリーター、主婦までいろいろです。

たまにですが、パソコンを使えると、簡単なデスクワークに割り振られることもあります。
逆に野菜の梱包などは、めったにないですがかなりの肉体労働です。
でもいろんな経験ができて勉強にもなるし、いざという時にオススメです。

一品持ち寄り会で、栄養バランスよく節約

鍋料理私はお金がないときには、何がなんでも節約料理。
お金がない状態は、主に学生時代の頃だったのですが、外食をしない、もしくは減らすのはもちろんのこと、普段はもやしや豆腐、キャベツなどでカサ増し料理を作り、お腹を膨らませていました。

おすすめなのが友人たちと「一品持ち寄り会」をすること。
度々開催したのですが、みんながいろんな手料理を作って持ってきてくれるので、節約生活も飽きることなく続けることができました。
楽しく美味しくたくさんの品数を食べることが出来たので、栄養も偏りなくとれていいことだらけです。

冬にはみんなで鍋を囲みました。
野菜たっぷり、汁物で安くお腹いっぱいになります。
集まった人たちで買い出しに行き、お金を割れば、一人当たりの費用がかなり安かったので助かりました。
野菜は量が少ないと割高になりますが、一人暮らしではたくさん買っても腐らせて無駄にしてしまうので、いつも割高でも少量を購入しますが大人数だと安くて助かります。

また、私は学生時代に飲食店でアルバイトをしていたのですが、これも節約生活には役立ちました。
お金に困った時には、たくさんアルバイトに入り、まかないをもらっていました。
当時は、閉店時間までアルバイトに入ると、余ったうどんやおにぎり、天ぷらやサラダなどいろんな食べ物をもらうことができたので、お金に困った時には大助かりでした。
友人たちと持ち寄りをしたり、飲食店アルバイトによって、楽しく節約することができました。