Monthly Archive: 11月 2016

ブレーカーを落としと一週間ひきこもり

湯気のでる鍋のイラスト
一人暮らし歴4年。
大学生になって四苦八苦しながらも、自分にできる無理のない節約方法を考えてきました。
私が実践しているのは、洗濯機は使ったら必ず水道を止めてブレーカーを落とすこと。
そして電気温水器に関して、夏は一度温めると4日は持つのでブレーカーを落とし、冬は3日間はブレーカーを落とします。
エアコンのブレーカーは使わないことの方が多いので基本落としています。
本当にどうしても、どうしても寒い時は仕方なくつけますが、基本はエアコンや暖房に頼ることをしません。

そしてもっともっと節約したいという方は、一ヶ月のうち一週間は鍋で過ごすことと友達と遊ばないで本を読んで勉強することです。
一週間だけ出費をしない習慣をつけることです。
私は何度も生活難に陥りましたが、贅沢を一週間だけやめて、ブレーカー落としの生活を続けた結果、月に1万ほど飛んでいた電気代(オール電化)が、なんと夏は三千円、冬は4千円~5千円に抑えることができました。
そして、今年の2、3月は非常に寒かったので冷蔵庫のブレーカーまで落としていました笑。
これは効果があって、2千円台に抑えることができたのです。
私の節約術をまとめると、一ヶ月のうち一週間は友達と遊ばず、カフェにもいかない、とにかく出費せず鍋の味をアレンジしながら鍋を食べる。ブレーカーは可能な限り落とす努力をする、です。

日用品からお昼ご飯まで小さい事からコツコツ法

おにぎり2個小さいことからコツコツ法で少ない額ながらも節約に成功しています。
以前に大きく節約をしようと思い無理に節約をしましたが長くは続かなかったので、そういう方にピッタリだと思います。
具体的に何をしているのかというと、今まで600円程するボディソープを使っていたのですが190円で3個入りの固形石鹸に変えたり、お昼休憩の時に買う350円のお弁当をやめ、夜ご飯の残りを詰めて持って行ったり、休日のお出かけの際にコンビニによってついついお茶やジュースを買っていたのをやめて水筒を持ち歩くようにしたり。

○○したつもりで浮いたお金を貯金箱に入れるというつもり貯金を実践しています。
つもり貯金をするまでは気づきませんでしたが、毎日意外とお金を使っていることがわかりました。
少ない額だと余計に気づきませんよね。
お昼のお弁当を買うのをやめるだけで、我が家は1か月7000円の節約になりました。

毎日使うボディソープだって、月に1回買っていたのが、石鹸に変えたことによって長く持つようになり、しかも3個入りなので月410円の節約。
他にも、毎回ドラッグストアで購入していたシャンプーとコンディショナー合わせて2600円を、これまで貯めたTポイントを使ってネットで買い、2600円貯金箱に入れるなど、小さい事でも意外と貯金にまわすことができるんです。

つもり貯金を始める前より、月に1万程の節約ができています。
しかし、無理にそうしようと思うのではなく、夜ご飯が余らなかった次の日は、仕方ないと諦めお弁当を買うこともあります。
自分の妥協できるポイントを探し、無理なく続けていければ気づいた時には結構な節約になっていると思います。

決まった日に決まったものを買いに行く

買い物袋を下げた女性

私が実践している節約術は決まった日に決まったものを買いに行くことです。
そして日頃からストックなどをチェックして、必要なものを吟味しておきます。
毎週決まった曜日に安売りや広告が入るのでその広告を見て、吟味して決めたものが載っていれば買いに行くようにしています。

また広告は紙のチラシではなくネットのチラシを見るようにしています。
前日の9時前後には更新されるようになっているため、より衝動買いを抑えることが出来るようになりました。
ネットのチラシのいい所は新聞広告よりも情報を早く得ることが出来る点とネットでしか載っていないものもあるので他店との比較検討が出来ます。
それにより無駄なく安いものをチェックして購入できるようになりました。

また冷蔵庫の中身を確認して賞味期限等をしっかり把握することにより、いつまでに使いきるか、いつまでなら使えるかをしっかり分かっていれば決まった日に買い物に行くことが出来ます。
それにより安いと思って買ったけど、まだ冷蔵庫に残っており使いきれずに棄ててしまうというリスクを低くすることが出来ます。

決まった日に決まったものを買いに行く習慣をつけることにより、月に3000円を節約できるようになりました。
また無駄が減ったため、ゴミも少なくなりました。
些細なことかもしれませんがこのようなことから始めることが、節約に繋がっていくと思います。

常備菜や100円SHOPを利用した節約生活

プライスダウンのPOP私が節約に関して実践していることは、どれだけお得に買い物ができるかどうかです。
買い物をするときは、休みの日に早起きをして、朝市でまとめ買いをしています。
そして新鮮なうちに調理して、煮込みハンバーグや煮物、味付け卵など、お弁当に使えるものを1週間分作ってしまい、まとめて常備菜にしています。

冷凍のきく野菜や肉、魚もジップロップに保存。
そして、雑貨やキッチン器具はなるべく100円ショップで購入します。
気を付けたいのは、スーパーで100円以下で購入できるものが時々あることです。
食器を洗うスポンジなどはまとめてスーパーで購入した方が安い場合もあるし、飲み物はドラックストアのほうが79円から98円の間で購入できることが多いです。
そして、本当にお金がなかったり節約をしたいときは、コンビニやスーパーのお惣菜のほうが自炊よりはるかに安く済むこともあります。

金額が不安定なときや、月に使いすぎてるような気がするときは、私は家計簿をつけます。
携帯代金や、健康保険代などを一緒に計算していると食費にいくらかかっているか分からないので、私はなるべく食費のみで計算するようにしています。
自然な生活をしたいので、洗い物などの汚れ落としは重曹とクエン酸を使用。
洗濯物に浸けておくと、綺麗に汚れも落ちますし、洗剤の節約にもなります。

お風呂に入浴剤の代わりに入れると肌もつるつるになり、浴槽を洗う時も楽に洗うことが出来ます。
下着も、なるべくお風呂に入ったときに一緒に洗うよう習慣を付けることにより、傷まずに済みます

色々生活の工夫をすることにより、どんなことも節約をできますし、私は常備菜や家計簿などで月に以前より1万円近く節約できるようになりました。
これからも工夫出来る事はどんどんして、必要ないものは買わないように気を付けて、もっているものを大切にしていく生活をしていきたいと思います。