Monthly Archive: 2月 2017

お弁当の作り方に工夫

炒め物するフライパンわたしの節約方法としてはまず第一に、外食をしないということです。
わたしは必ず仕事の日は自分でお弁当を作るようにして、ランチなど外食をしないように気をつけています。

お弁当も朝から全てを作るのも時間がかかるものです。
お弁当のために火を使うのも嫌なので、前の日の夜のうちにお弁当を作ることにしています。
また、フライパンでは一品のみを作るのではなく、仕切りをつけて一回の調理で3品ほど作るようにしています。
そのような調理法でガス代を3分の1に減らすことができますし、時間も短縮することができます。
本当に良い節約法だと思っています。
お昼ご飯を外食にしていた時期もありましたが、自分でお弁当を作り持って行くことによって、毎月の食事代が5000円ほど浮き、生活に少しですが潤いが出たように思います。

また、もうひとつの節約方法としては、暖房費の節約です。
北海道なので暖房費がとてもかかるのですが少しでも灯油代をかけたくなかったので、ホットカーペットにしました。
ホットカーペットは電気代なので、灯油代よりもお金がかからずに過ごせるので、これもひとつの節約かなと思っています。
金額的には一月に700円ほどですが、安くなったので良いなと思います。

身体を鍛えるのに立派なジムは不要。

ジムでトレーニングする男性私はバブル期20代前半だったので、お金もないのに高級感のあるものが好きです。
若いころはスポーツウェアもバッチリ決めてスポーツジムで汗を流していました。
そのうち仕事で行けない日も多くなったり、不景気で収入も激減したりで20年近く続けていたジム通いも泣く泣く辞めることにしました。

収入が安定してきた今になっても別に通わなくてもいい、というかジムに通わない、という選択肢はお金の節約と時間の節約になりました。
およそ1万円、夫婦で2万円、年間にすると24万円の節約です。

「形」から入っていた20代と違って、今は若さと健康を保つ目的がウエイトを占めているので見た目はある程度どうでもよくなりました。
幸運にも近くに市の体育館があり、ほぼ民間のジム並みのトレーニングマシーンがあります。真面目に毎日通ったとしても、激安のジムよりもお安いです。

ところが最近はさらにその体育館に行って支払う300円ほどのお金も惜しくなってきました。
なぜなら、ただ外を歩いたり走ったりすればタダだからです!
しかも天気が悪くて外が無理な日は家の中でyoutubeを見ながら身体を動かせます。
ジムのプログラムとは比べものにならないくらい多種多様なレッスン動画が見ることができます。

ただ問題はモチベーションを維持すること。
ジムに通うと頑張っている人たちの姿を見て自分も続けることができますが、これは自分との闘いになるので頑張り続けることが大変です。
「浮いたお金」で何をするのか、それと身体を動かし続けた結果を頭に常に描きながら努力しています。