楽に2日は乗り切れる節約レシピ

月末になると、その月に使えるお金も底をついてきます。そんな時に困るのが親としての大仕事。子供にご飯を食べさせることです。

成長期の子供には、お金がなくてごはんが食べられないなんて可愛そうでさせられません。そんな時の我が家はどうするか、少し記したいと思います。

まず豆腐ともやし、豚ひき肉、食パンを買います。

豆腐は、麻婆豆腐に変わります。この麻婆豆腐。タレなんかも自分で作りますよ。味噌としょう油、砂糖を使って作るんですがね。子供は辛い物が苦手なので、豆板醤は使いません。大人はあと足ししています。

そして余った麻婆豆腐に茹でたもやしを足します。これを食パンの中に挟み込んで端をプレス。出来たらトースターで焼きます。ピロシキ風のものが出来ます。これ、子供たちに大人気。あとは野菜の余り物でスープを添えますよ。

豚ひき肉と豆腐(これは水気を取っておきます)をよくこねてハンバーグに。こちらはどこの主婦もやったことあるのではないですか。これにしょう油ベースのソースを作り、片栗粉でとろみを付けるとごはんが進みますよ。

単純にこれだけの食材を買ったところで、1000円もかかりません。食パンなんかもあまりますから、スティック状に切って油で揚げて砂糖をかけて簡単おやつの出来上がり。

給料日までのつなぎのレシピですが、これで2日は乗り切れます。日常的に、こうした工夫をすればエンゲル係数を大幅に下げることだってできると思います。(私はやっていませんが・・・)