節約レシピ

節約で料理上手になれる

料理する女性私はおもに食費で節約しています。
まず、毎日のコンビニをやめました。
たった毎日200円ですが、これは1ヶ月もすれば6000円もなります。
まず、コンビニはやめることで結果はでます。

そして、外食もやめます。
外食かなり高いので、全部自炊にかえました。
自炊に変えてから、月に4万くらい貯金できています。
また、使う食材にも注意です。
肉食べたいですけど、高いですよね。
なので普段は極力食べません。
どうしても食べたい日は鶏肉にしてます。
鶏肉は安くで手に入るから節約する人にとってとても助かります。

また、卵を多く使うようにしてます。
タンパク質もとれるし、いいです。
そして、なにより激安商品はかかせない豆腐にもやし。
いつでも安くでてに入るものは必ず買います。

最近気づいたのですが、節約をすることで料理のレパートリーも増えるのです。
味に飽きてしまうから色々調べて同じ食材でもいかに飽きなく食べることができるのか、という感じで毎日調べて作っています。
最初は炒めるだけだったけど、今では工夫して作れるようになりました。
節約はとても体にもいい気がします。
ジュースもやめて、水に変えたことで痩せれました。
お菓子などの無駄なものも買わずにすんでいます。

大学生の節約方法方法(主に口座を使う方法)

銀行の通帳大学生はお菓子を買いたい時は極力コンビニを使いません。
スーパーで買うとポテチ1つもコンビニだと140円、でもスーパーで安い日だと100円以下で買えてしまうので50円近く安く買うことができます。
またお得用などの大きいサイズの商品を買っておくことで、買いだめをすることができるので無駄に何回もでかけなくて済むし、余計なお金を使うことがなくなります。

また外食は最低限して、極力自炊します。
材料もお菓子同様、スーパーで安く買うことでさらに節約できます。
買い物に行く際は、どんな物を買う時でも使える予算を自分の中で決めておくことで、使いすぎることがなくその予算内で収められます。

例えば洋服が欲しい時は1万円までなどと決めて出かけます。
すると計算して買うようになるので無駄使いをしなくなります。
銀行口座も給料貯蓄用と自分で使う用に分けて作ります。
全て1つの口座にしているとお金があるのが見えてしまうので、余計に引き出したりして使ってしまうことがあるからです。

貯蓄用はキャッシュカードを作らずに、通帳だけ作ってその通帳は家にずっと置いておきます。
持ち歩くのは自分で使えるようの口座のもののみです。
月に払われる給料の内から1ヶ月で使う分を決め使える口座に月初めに振り込んでおきます。
または貯蓄用の通帳を親に渡し必要な時に連絡して振り込んでもらうようにします。
この方法だと親に連絡してしまうというめんどくささと親が心配してしまうという考えで、無駄に貯蓄用から使うことがなくなります。
節約は自分との戦いでもあると思うので、この方法が自分にとっては一番節約できる方法です。

お金が無い時は、買い物をしないようにする

カゴに乗った野菜お金が無い時、給与まで1週間位ならなるべく買い物をしないようにし、食事は冷蔵庫にあるもので、済ませるようにします。
肉があるうちは肉と野菜を炒めるか煮ます。
これを多めに作っておき、翌日は卵とじにして食べるようにします。

肉も魚も卵も無くなってしまったら、サバ缶をストックしてあるので、これを使います。
サバ缶は、これ自体に味が付いていて、野菜と一緒に煮ても炒めても美味しいので、安い時にある程度買って、ストックしておきます。
煮たり炒めたりしたものも余ったら、耐熱皿に入れて溶けるチーズとパン粉を少しのせ、オーブンで焼くとまた美味しいです。

これも無くなってしまっ
たら、常備菜(我が家の場合は、人参と玉ねぎ、じゃがいもが多いです)とこれも安い時にストックしておいたツナ缶を使い、お好み焼き風のものを作ります。

給与まで2週間の時は、近くのスーパーかドラッグストアに行き、もやしと納豆を購入します。
ここは、もやしが20円以内、納豆が3つセットで50円以内で買える事が多いのでよく利用します。
そして、お金が無い時は1日おき位もやし料理を作ります。

もやしでかさましした野菜炒めや、もやしのサラダ、もやしの味噌汁等です。
味噌汁だと、1袋で2日分出来ます。
納豆もそのまま食べたり、お新香を刻んでかさましをして食べたりします。

我が家は、だいたいこれでのりきれます。

困ったことに、お金はなくとも腹は減る

ホットケーキ以前、数ヶ月間だが事情により急に一人暮らしをしなければならないことがありました。

家賃や水光熱費の料金は一律で決まった額を前もって払う仕組みだったので、困ることはありませんでした。
しかし、食費だけは適宜やりくりするしかなく、調理器具は包丁、まな板、レンジ、ポットのみ。
使えるお金は月数千円。
それでは作れるものも限られる、出来合いのものは予算オーバーで手が出ない、されども腹は減る

そんな極貧食生活の中で活躍したのが、
・粉末状のコンソメ、
・ガーリック入り塩胡椒、
・カレー粉

この三つの調味料でした。

例えば、おつとめ品のジャガ芋を洗い皮をむき、水にさらしレンジで数分加熱、柔らかくなったらお好みで三つのどれかを振りかけて食べます。

温かいものが飲みたくなったら、湯にコンソメを溶かし、あとの二つを混ぜます。
カレー風味のコンソメスープになりました。
野菜の切れっぱしでもある時は、細かく切った野菜をレンジで加熱してからスープに入れれば、腹の足しになりました。

甘いものが食べたくなる時は、ホットケーキミックスがとても重宝。

カップにとき卵とホットケーキミックス、安い無脂肪乳を入れてレンジで加熱して、蒸しパンもどきを作る。余裕がある時は駄菓子屋で十円~三十円くらいのチョコを買い、その中に少し入れて食べていました。

これももう何年も前の話で、今は幸いな事にここまで食べるに困ってはいません。

でも今もたまにふと、お金が無くて困り果てて、創意工夫したあの頃をふと思い出し、「あの時も何だかんだで楽しかったな」と懐かしく思い出したりしています。

お金が無いものはどうしようも無いことが多いですね。
ならばもうやけくそで、出来うる限り楽しんでみることをおすすめしたいです。

お金がないときは工夫と手間を惜しまないこと。

キャベツお給料日前は本当につらいです。でも子供に食べさせないわけにはいきません。
収入のない主婦にできることは節約しか方法がありまん。
まず、家の中にある食べられるものをすべて紙に書き出します。

切り干し大根やひじき、桜エビなどの乾物類やあまり好きではない貰い物のコンビーフの缶詰、夏に残ったそうめんなど、いつか食べようと置いてあったものを総動員して乗り切ります。

これらをふつうは1食分つくるための材料に合わせることで、2食分つくるための足しにします。

まず、野菜炒めを作ります。
そして半分残しておいたキャベツや人参、お肉に残り物のそーめんを合わせて油で炒め、塩とラー油で味を加えてジャージャー麺もどきをつくります。
これで2食分という具合です。

切り干し大根の煮物を作ります。
そして半分残しておいた切り干し大根に残り野菜の千切りとコンビーフを合わせてマヨネーズとめんつゆで味を加えて切り干し大根のサラダにすることもできます。

ひじきの煮物を作ります。
煮物としても食べますが、ご飯に混ぜて炒り卵を上にのせてメイン料理のひじきのまぜ御飯ができます。

お金がないときは、工夫と手間を惜しまず乗り切ることが大事です。

一週間分の食材をまとめ買いして食費の節約

スーパーで買い物をしている主婦我が家の食費・生活費は一日2000円、一週間で14000円、一ヶ月で約60000円に決めています。小学生の子供がいる3人家族ですが、我が家の趣味は週末の食べ歩き。

そのためにも、いかに普段の食事を節約するかが重要なのです。週末に一週間の費用で残った金額に応じて美味しいものを食べに行くのが楽しみなのです。

そこでどのようにしたら毎日の食費を削れるのか、色々な方法を試行錯誤しました。

何ヶ月かやってみて分かったことがあります。
毎日スーパーへ買出しに行っていたら自然と使ってしまいますよね。それなら買出しに行く頻度を減らせばいいという単純な理論を思いついたので、そこでまとめ買いをしたらどうなるのかを試してみました。

我が家では土日のどちらかにまとめ買いをしてしまいます。

肉や魚は日持ちがしないため、帰ったらすぐ冷凍庫へしまいます。野菜は一週間、全然余裕で日持ちします。

もちろんもやしなど日持ちのしないものや、足りなくなった生活用品などは平日にスーパーへ行って購入しますが、土日のまとめ買いは6000円もあれば足りてしまいます。土日以外に買い足しをしても2~3000円位でしょうか。

そうすると1週間の食費が5000円以上も余ります。(予算は1日2000円なので1週間で14000円です)その浮いたお金で家族で楽しい外食ができてしまいます。

「せっかく食費が浮いたのに、外食をして使ってしまったら節約じゃないじゃない?」と思うかもしれませんが、もちろん外食をしない週末もありますし、その時には丸々5000円節約できたことになります。

外食ができるという楽しみが人参として目の前にぶら下がっているからこそ節約の意欲がわいたことは確かですし、一週間14000円しか使えないんだと決めてしまうことで、たまに財布を覗くと、「あ、まだこんなに残っているんだ!もっと節約したらもっと残るんだ!今回はたくさん残してやるんだ!」とやる気がわいてきて、全然苦ではなくむしろ楽しくて仕方ありません。

節約というとネガティブなイメージを持つ人も多いかもしれませんが、目の前に人参をぶら下げて楽しみながら節約をすると、意外とストレスなく続けることができますよ。

節約料理の食材といえばコレ!

沢山の種類の野菜のイラスト節約料理って聞くと、どんなレシピを思い浮かべますか?
もちろん節約料理には、どんなレシピでどれだけお腹も満足行くような料理を作るかというのも大切ですよね。

節約料理を作る上で人気の食材ってなんだと思いますか?
野菜で言うと、安くて人気なのがもやし。
その他の食材だと、お豆腐やちくわなんかも安くて人気です。
今の季節だと、何にでも使える白菜も人気の食材です。

私も場合、何もないときはピーマンとちくわで炒め物をします。
ピーマンはだいたい3~4個入ってひと袋98円くらい。
ちくわもだいたい4~5本入りで80円円くらいで買えます。
ピーマンは2個くらい、ちくわは3本くらいでどちらも細切りにしてフライパンに油を少したらして炒めます。
味付けは塩と少し醤油を加えて炒めるだけ。
作り方も味付けもシンプルですが、美味しいです。

白菜は卵と一緒にあんかけにすれば、簡単にあんかけ丼ができます。
鶏がらや中華あじなどを使えば、本格的な味付けが安くて簡単にできてしまいます。

いくら節約のためだとは言っても、野菜ばっかりじゃ味気ない!
という人は、特売の時にお肉をまとめて買っておきましょう。
1回分くらいずつ小分けに冷凍しておけば便利です。

たまにはお肉を豪華にメインにしたり、野菜やお豆腐でかさ増ししたりして上手に使えば節約はできます。
価格のこともありますが、節約のためにと同じような安いものばかり食べていると節約も苦痛になってきてしまいます。
たまには食べたいものを食べてながら、上手に節約食材を使って工夫していきましょう。

楽に2日は乗り切れる節約レシピ

月末になると、その月に使えるお金も底をついてきます。そんな時に困るのが親としての大仕事。子供にご飯を食べさせることです。

成長期の子供には、お金がなくてごはんが食べられないなんて可愛そうでさせられません。そんな時の我が家はどうするか、少し記したいと思います。

まず豆腐ともやし、豚ひき肉、食パンを買います。

豆腐は、麻婆豆腐に変わります。この麻婆豆腐。タレなんかも自分で作りますよ。味噌としょう油、砂糖を使って作るんですがね。子供は辛い物が苦手なので、豆板醤は使いません。大人はあと足ししています。

そして余った麻婆豆腐に茹でたもやしを足します。これを食パンの中に挟み込んで端をプレス。出来たらトースターで焼きます。ピロシキ風のものが出来ます。これ、子供たちに大人気。あとは野菜の余り物でスープを添えますよ。

豚ひき肉と豆腐(これは水気を取っておきます)をよくこねてハンバーグに。こちらはどこの主婦もやったことあるのではないですか。これにしょう油ベースのソースを作り、片栗粉でとろみを付けるとごはんが進みますよ。

単純にこれだけの食材を買ったところで、1000円もかかりません。食パンなんかもあまりますから、スティック状に切って油で揚げて砂糖をかけて簡単おやつの出来上がり。

給料日までのつなぎのレシピですが、これで2日は乗り切れます。日常的に、こうした工夫をすればエンゲル係数を大幅に下げることだってできると思います。(私はやっていませんが・・・)

食費は支出の中で大きな割合をしめていますよ

普段の生活の中で最もお金がかかるのはやはり食事だと思います。短期のアルバイトをしたり、お金を借りたりして乗り切るのも手ですが、それはちょっと気が引けるという方も多いと思います。だからまずは食費を切り詰めるところから始めるのがベストだと思います。

お金の無さの度合いにもよりますが、腹さえ満たせればいいというのなら、だいぶ食費を抑えることができます。

私は普段、食費に1日1000円弱ほどかけていますが、お金がない時は、ご飯の美味しさには目をつぶって、300円で済ませることもあります。1個60円とかの安いカップラーメンを食べたり、それこそドラマとかでよく観るパンの耳ばっかり食べて過ごすこともあります。

節約の仕方は他にも、風呂に入らないだとかあると思いますが、それだと不潔になってしまい、自分の印象が悪くなります。その点食費を切り詰めるのは、世間体的にもなんら問題ありません。なにより、自分がちょっと我慢するだけで7割近くもお金を浮かすことができます。(私の場合ですが、だいたいこんなもんなと思います。)

もちろん、ずっとカップラーメンやパンの耳で過ごすと、栄養が偏り体に悪いことこの上ないですから、この方法は短期間の金欠向けだと思います。ただ、食費を切り詰めると分かることですが、いかに普段の食費が出費の大きな割合を占めているのかに驚きます。

お金に困ったときは、まずは食費の切り詰め。1度やってみると、日常的にも食費に対する節約意識が高まるのでお勧めします。

とにかく節約できる方法をまとめました

食事については、米飯ではなくお粥にして水分でカサ増しする。
お米が買えない時は、冷凍うどんやパスタを食べる。

農家の方が経営している、野菜の直売所で安く野菜を買い、野菜中心の食生活にする。

特に、もやしや豆腐等の安い食品を味を変えて頻繁に調理して食べる。

ネットで安い食材を探す事もあります。

ポイントカードに貯まっている、ポイントで買い物をする。
ポイントがつく店舗では、必ずポイントを貯めるようにしています。

トイレは出掛けた際に駅やスーパーで使用し水道代を節約する。

入浴の際は、浴槽に水が入ったペットボトルを入れてカサ増しする。

洗濯はお風呂の水を使用して、洗濯する。
洗濯は、毎日せずに2日分まとめて行う。

食器は洗剤を使用せず、野菜のアク取りの為に使用したお湯で洗う。

バイクや車には乗らずに、徒歩や自転車で移動する。

雑誌や本はは購入せずに、図書館で熟読する。
図書館は冷暖房が効いているので、自宅で冷暖房をつけずに図書館で過ごす事が節約の一つです。図書館はよく利用します。

お金に余裕がある時から、節約する事が大切だと思います。そして、少しずつ貯金する事です。
お金を使う時は使う、節約する時はする。メリハリをつけて、お金を使っていく事が人生楽しめると思います。