大きな固定費の電気料金の見直しをしました

電気料金のイメージ毎月の決まった支出の固定費を見直すことが、毎月の支出に直結するので、私は最近で言うと電力自由化に伴い電気会社の見直しを行いました。
私の家はあまり電気を使いませんが、他の世帯(私と主人の親世帯)の公共料金も一旦私がクレジット払いの為に立て替えているので、月に2~3万円の支払いとなります。

既存の電気会社では使えば使う程高くなっていましたが、今回の見直しで、使ってもそんなに上がらない事を売りにしている会社に契約し直しました。

試算では月に5000円程安くなる計算です。年間にすると6万円にもなります。
ただす年間6万円も電気代が安くなるのは、私の場合は他の世帯と合算での計算ですので、そこまで我が家の家計で出費が減るわけではありません。

実は新たに契約した電気会社はポンタポイントと提携をしている会社なので、使用金額に応じてポンタポイントが貯まる事になります。
私の本当の狙いはここにあると言えます(笑)

ただし事前にこれらの説明は各世帯にきちんと行い、許可を得て変更しポンタポイントは私が頂いています。ポンタポイントは使用金額に応じで付与される為、月に3000円程度の我が家ではあまり恩恵を受ける事が無いのですが、他の世帯がかなり使用するので有難くポイントは頂いています。

こちらのポイントは主にローソンで使用し、たまにその世帯の家族と遊びに行く事があればコンビニでお菓子をおごっています。
各世帯はあまり支払っている料金に関して頓着がないようです。ほぼ私に任せっきりですが、適度に固定費の見直しをしてくれていると感謝されています。