ガミガミ言うより、自分が行動で示すこと。

コンセントのイラスト結婚して妊娠がわかり、私が働けなくなってから節約をより意識しだしました。
とりあえず食費と光熱費を節約頑張りました。結婚前から同棲していましたが、旦那は電気をこまめに消すとか、節水など日々の積み重ねができないタイプでした。
私は子どものころから母に言われていたのもあり、もったいないとこまめに電気は消したり気を付けているので、旦那に対してすごく気になってイライラしていました。
でも言っても治らないし、反抗されるだけでした。

さすがに今回は収入も減って、子どもにかかるようにもなるので、どうにかしないとと思って考えました。
旦那だけの収入で生活する場合の1ヶ月にかかるお金をおおざっぱにですが計算して見せて、旦那に今の状況を説明しました。
それを見て、経済的にキツいのもわかったのか、エアコンもなるべく我慢したり、水も気をつけて使ってくれたり意識してくれるようになりました。

私もお風呂の残り湯を洗濯に使ったり、トイレに流したり、電気もなるべく着けないようにしたりとムダがないように工夫して小さい事を頑張っていました。
このコツコツが旦那に効きました。
ガミガミ言うと、嫌がってやってくれませんが、私が頑張ってて今日こんな事したよと言うと、自分もやらないとと自らやってくれるようになりました。
ついイライラして、こうしてああしてと言ってしまうとやる気を無くしてしまうので、今の状況を把握してもらって、自分が頑張ってるのを見せるのが協力してもらえる近道になるんだなと思いました。