お金が無い時は、買い物をしないようにする

カゴに乗った野菜お金が無い時、給与まで1週間位ならなるべく買い物をしないようにし、食事は冷蔵庫にあるもので、済ませるようにします。
肉があるうちは肉と野菜を炒めるか煮ます。
これを多めに作っておき、翌日は卵とじにして食べるようにします。

肉も魚も卵も無くなってしまったら、サバ缶をストックしてあるので、これを使います。
サバ缶は、これ自体に味が付いていて、野菜と一緒に煮ても炒めても美味しいので、安い時にある程度買って、ストックしておきます。
煮たり炒めたりしたものも余ったら、耐熱皿に入れて溶けるチーズとパン粉を少しのせ、オーブンで焼くとまた美味しいです。

これも無くなってしまっ
たら、常備菜(我が家の場合は、人参と玉ねぎ、じゃがいもが多いです)とこれも安い時にストックしておいたツナ缶を使い、お好み焼き風のものを作ります。

給与まで2週間の時は、近くのスーパーかドラッグストアに行き、もやしと納豆を購入します。
ここは、もやしが20円以内、納豆が3つセットで50円以内で買える事が多いのでよく利用します。
そして、お金が無い時は1日おき位もやし料理を作ります。

もやしでかさましした野菜炒めや、もやしのサラダ、もやしの味噌汁等です。
味噌汁だと、1袋で2日分出来ます。
納豆もそのまま食べたり、お新香を刻んでかさましをして食べたりします。

我が家は、だいたいこれでのりきれます。