削れるものは削る。体調管理も重要。

ばい菌を寄せつけないコップ私は学生の頃から節約についてはとても関心があり、学業と併用し土日はスーパーでアルバイトをしていました。
時給は最低賃金でしたが、携帯料金や家から学校までの交通費と自分の欲しい物は全て小遣いから賄っていたので、それだけでまず節約になっていたかと思います。

現在は賃貸のアパートで生活しており、徹底的に削れるところは削っています。
まず…水道代は、スーパーなどのボトルで毎日水を無料で汲めるものがあるので、味噌汁やコーヒー、ご飯を炊く時に使用し余ればそれで顔を洗ったりもします。

お風呂はシャワーで済ませるとこの時期は寒いので余った残り湯で洗濯しています。

電気代ですが、現在20Aで足りるので契約の際に設定し、使わないコンセントは毎回抜いたり夏の暑い日には扇風機と併用し大動脈をクーリングしたりしています。
冬場や夏場のピークでも3000円台で済んでいます。

食費は15000円あれば1ヶ月過ごせています。
まず、スマホの無料のチラシ等で安い物をチェックし、買いに行ける物は買いに行く。
冷凍できる物は小分けにし冷凍する。
必要量以外は買わない。それでしっかり自炊をすることにより節約出来ていると思います。

そして…風邪を引かないように日頃心掛けています。
体調崩して病院へ行く事で小さな事を日頃努力しても台無しになるので、うがい手洗い徹底しています。

それで小さい物は防ぐことが出来ているので年間を通せば何万円かは節約になっていると思います。