靴下購入と選ぶ手間を省くことで、節約

棚に並んだ靴下何か主婦雑誌で見たかは覚えていないのだが、この節約方法は良かった。
靴下の色は黒と決めてしまうのです。
3足1000円位の同じ束で売ってるのがいいですね。

片方がもし破れたりして履けなくても代用があり、破れていないもう片方の靴下を捨てなくて済みます。
本当は確か子供の靴下は同じものを買う、という内容だったように記憶していますが、大人にもあてはまるし何より今この靴下の買い方にはまってしまいやめられません。
節約効果は、具体的にいくら得したとはわかりませんが、1年間で靴下を買う回数が2回位は減ったと思います。
足首が隠れる靴下や、パンプスを履く時に履きます。
それぞれ3足1000円を2つ買えば全部で6足。
足元が黒なら、どんな服でも合わない事はありません。

着る服を選ばないないから、忙しい朝にいちいち靴下は何にしよう?と悩まなくて済むし、片方が見当たらないというイライラも発生しません。
節約という点でいうと、1足辺りの値段が100円程度のものもありますが、私はこのお店の3足1000円の、と決めることで買う時間も、朝選ぶ時間の節約も、ダメになった片方の靴下を捨てる潔さも手に入れました。
結果、出ていくお金も少なくなっているのだから私はこれからもこの方法を実践して、本当に良かったと思っています。