一週間分の食材をまとめ買いして食費の節約

スーパーで買い物をしている主婦我が家の食費・生活費は一日2000円、一週間で14000円、一ヶ月で約60000円に決めています。小学生の子供がいる3人家族ですが、我が家の趣味は週末の食べ歩き。

そのためにも、いかに普段の食事を節約するかが重要なのです。週末に一週間の費用で残った金額に応じて美味しいものを食べに行くのが楽しみなのです。

そこでどのようにしたら毎日の食費を削れるのか、色々な方法を試行錯誤しました。

何ヶ月かやってみて分かったことがあります。
毎日スーパーへ買出しに行っていたら自然と使ってしまいますよね。それなら買出しに行く頻度を減らせばいいという単純な理論を思いついたので、そこでまとめ買いをしたらどうなるのかを試してみました。

我が家では土日のどちらかにまとめ買いをしてしまいます。

肉や魚は日持ちがしないため、帰ったらすぐ冷凍庫へしまいます。野菜は一週間、全然余裕で日持ちします。

もちろんもやしなど日持ちのしないものや、足りなくなった生活用品などは平日にスーパーへ行って購入しますが、土日のまとめ買いは6000円もあれば足りてしまいます。土日以外に買い足しをしても2~3000円位でしょうか。

そうすると1週間の食費が5000円以上も余ります。(予算は1日2000円なので1週間で14000円です)その浮いたお金で家族で楽しい外食ができてしまいます。

「せっかく食費が浮いたのに、外食をして使ってしまったら節約じゃないじゃない?」と思うかもしれませんが、もちろん外食をしない週末もありますし、その時には丸々5000円節約できたことになります。

外食ができるという楽しみが人参として目の前にぶら下がっているからこそ節約の意欲がわいたことは確かですし、一週間14000円しか使えないんだと決めてしまうことで、たまに財布を覗くと、「あ、まだこんなに残っているんだ!もっと節約したらもっと残るんだ!今回はたくさん残してやるんだ!」とやる気がわいてきて、全然苦ではなくむしろ楽しくて仕方ありません。

節約というとネガティブなイメージを持つ人も多いかもしれませんが、目の前に人参をぶら下げて楽しみながら節約をすると、意外とストレスなく続けることができますよ。