金欠を乗り切る食事と材料は定番です

私は自分の通帳と財布を目の前に愕然としていた。給料日までまだ半月もあると言うのに今月の生活費があまりにも厳しい…という現実にただただ頭を抱えていたのだ。

思い返すと今月は会社の飲み会があったり、友人の結婚式があったりとかなり出費を伴っていた。気がつけば今月の家賃を含めあと数万円しか残っていなかったのである。

「しょーがない、あの手で乗り切るか…」と溜息をつき私は近くのスーパーに足を運んだ。

実は金欠に陥るのは私にとって珍しい事ではなく、ある方法でその都度乗り切っているのだ。今月もその手段をとるしかないと思いスーパーに来ているのである。

その方法とは至って簡単で、ただ単に食費を極限まで削ると言う方法だ。まずは主食の調達をする、主食はパスタとうどんの麺類なのだ。なぜかと言うとパスタは量もあり安く何より日持ちするからだ、またうどんは生麺タイプで一人前30円ほどとかなり安く冷凍保存すればこちらも日持ちするからである。

あとは今日の夕飯で使う物を一日ごとに買い物するのだが、だいたいは決まっていて買うのは”もやし”と”豆腐”である。この二つの食材はかなりコストが抑えらる、なぜならもやしは10円前後で豆腐は一丁30円程なのだ。二つ合わせてもワンコインどころか50円以内で収まってしまうのだ。

あとはこの食材で給料日までを乗り切るだけなのだ、使い方次第ではバリエーションも豊富にできる。私のお気に入りは豆腐ともやしのハンバーグともやし豆腐のペペロンチーノが大好きだ。

ただあくまでも金欠の間の救済措置なのでもって半月くらいが限度だと私は感じている。ただ私はいつも極限まで食費を抑えるという方法で金欠状態を乗り越えている。