スーパーでの試食販売員は割がいいかも

私はお金の管理が下手なのでお金が無くなって困ることが頻繁にあります(笑)そういった場合には、節約よりも短期のアルバイトをすることで手っ取り早くお金を稼ぎます。何せ節約するのも下手なので・・・。

以前、1人暮らしの時にアルバイトだけで家賃や光熱費を支払いながら生活費をやりくりしなければならない状況になりました。

給料日前になると、たいがいお金が底を尽きかけるのですが、そんなときは単発のアルバイトをしていました。その当時は、試食販売の仕事をすることが多かったです。

メールでお仕事の案内が来るシステムで、それを見て自分の入りたい仕事内容であればエントリーするという形です。

お仕事の契約が成立したあとは、当日に指定された準備をして直で現場へいきます。スーパーやデパートの食料品コーナーがほとんどです。

試食販売のお仕事は意外と給料が良いもので、日給10000円になることもよくありました。かなり割の良い仕事ですね。

しかもお給料がすぐに口座に振り込まれるので、お金がピンチのときにはかなりありがたい仕事でした。

一度でもこうしたお仕事をきちんとこなせるようになると、会社との信頼関係もできるので以前よりも自分が希望する日に働けるチャンスが増えてきます。

この単発のアルバイトの収入で総額80000円ほど稼いで、その時のお金のピンチをのりきりましたが、どうにもならない時も正直ありました・・・。

そういう時には仕方が無いのでカードローンでお金を借りるしか生き残る方法がありませんでした。とは言っても、両親が近くにいる訳ではないのでよくCMでやっているカードローンを利用していました。

銀行なんかでは生活費を借りることはできないので、すぐに必要になった時に借りられるカードローンは便利でした。ただ利息を支払う必要がありますが、数万円だけを借りて給料がでたらすぐに全額返済。という返し方であれば、利息が掛からないところだったので、そのシステムは非常にありがたかったです。

あまり胸を張って「お金を借りたよ!」とは言えませんけど、どうしても困ったときにはそうした方法もあると覚えておいて下さい。

バイト代しか収入が無い人でもカードローンを使うことはできますので。ただし、その人の返済できる金額に見合ったお金しか借りられませんが、それでも助かりますよね。

知り合いに「お願い!5万円貸して!」とは頼みにくいですけど、カードローンだったら簡単ですよ。