お金がないときは工夫と手間を惜しまないこと。

キャベツお給料日前は本当につらいです。でも子供に食べさせないわけにはいきません。
収入のない主婦にできることは節約しか方法がありまん。
まず、家の中にある食べられるものをすべて紙に書き出します。

切り干し大根やひじき、桜エビなどの乾物類やあまり好きではない貰い物のコンビーフの缶詰、夏に残ったそうめんなど、いつか食べようと置いてあったものを総動員して乗り切ります。

これらをふつうは1食分つくるための材料に合わせることで、2食分つくるための足しにします。

まず、野菜炒めを作ります。
そして半分残しておいたキャベツや人参、お肉に残り物のそーめんを合わせて油で炒め、塩とラー油で味を加えてジャージャー麺もどきをつくります。
これで2食分という具合です。

切り干し大根の煮物を作ります。
そして半分残しておいた切り干し大根に残り野菜の千切りとコンビーフを合わせてマヨネーズとめんつゆで味を加えて切り干し大根のサラダにすることもできます。

ひじきの煮物を作ります。
煮物としても食べますが、ご飯に混ぜて炒り卵を上にのせてメイン料理のひじきのまぜ御飯ができます。

お金がないときは、工夫と手間を惜しまず乗り切ることが大事です。