女性の出資の大半を占める「服代」を節約。

おしゃれした女性古着の扱いがあるリサイクルショップに赴き、値下げ品コーナーを漁りましょう。
運が良ければ、元の作りが結構いいであろうブランド品ジャケットやコート類まで最低100円で手に入れることができます!
なんと、上から下までワンコイン以下のコーデ(しかも、根気よく探せばわりとオシャレに)が実現してしまうのです。

古着の購入が日常的になると、最終的にはしま○らやユ○クロなどが高級ブランドに見えてきますよ笑
購入する服のチョイスも、節約には大切です。安いからと言ってたくさん買い過ぎないよう、着回しがきき、他の服と役割が被らない服だけを選べるよう、自分のワードローブは常に頭に入れておくようにしています。

買い物カゴがパンパンになっていても、このフリフリの服は明らかに自分のワードローブの中では浮いてるな…、白のアウターはすでに持っているから微妙に違うだけのこれはいらないよね、などと消去法で服のキャッチアンドリリースが可能になります。

常にダイエット…というか、体型維持を意識することも結果的には節約につながっていると思います。
太ったり痩せたりを繰り返し、タンス内の服のサイズがカオス化すると、新たな服の調達の必要性が無駄に出てきます。
大は小を兼ねると言っても、服の場合大きすぎる服はぶかぶかでみっともないだけですし、逆はどうしようもありません。
結局、かつての自分の体型に合っていた服は、タンスの肥やしにするか、総入れ替えの暴挙に走るしかありません。

ちょっとこれ以上は食べ過ぎかも、というときは自分が太らないようにすれば、その分お財布が太るということも片隅におきつつ煩悩と戦っていました。

服のリメイクなど、特別な技術を必要としない基本的な節約法です。